SEO

検索結果で上位に表示されなくなった時には?

以前は、Googleでの検索結果で上位に表示されていたのに、
最近、上位に表示されないな?。

というアナタ。

上位に表示されていないどころか、
100位以内にも入っていない。
いわゆる、圏外に吹っ飛んだんじゃないですか?

特に2012年7月以前は上位に表示されていて、
検索エンジン経由でのアクセス数も
かなりあったのに、8月以降、ガクッと減った場合。

それ、Googleの検索エンジンの仕組み、
アルゴリズムの変更に影響を受けています。

Googleの検索エンジンは、常に改善のための
変更が加えられています。

ですから、ある時代では、
検索結果の上位に表示されていた方法でも
ある時代では通用しない。
むしろ悪影響をおよぼすようになった。

そんなことが、おこります。

Googleの検索エンジンのアルゴリズムは
年間に数万回のテストが行われ、
実際に数百回変更が加えられています。

このように、随時変更が加えられている
Googleの検索エンジンのアルゴリズムですが、
大きな特徴があります。

それが「パンダアップデート」と
「ペンギンアップデート」の2つです。

ざっくり説明すると「パンダアップデート」とは
ウェブサイトの内容、つまりコンテンツの品質が
粗悪なものを排除するアルゴリズムを強化する
アップデートです。

逆の言い方とすると、より良いコンテンツを
高く評価するアルゴリズムに変更するのが
パンダアップデートです。

逆に「ペンギンアップデート」とは
ウェブサイトのHTMLタグ、わかりやすくいうと
title/keywords/descriptionタグなどが適切に
設定されているかどうか、
内部および外部リンクが適切に設定されているかどうかを
より適切に判断するアルゴリズムを
強化するアップデートです。

この「パンダアップデート」の大きな変更が
2012年7月に行われたため、
検索順位に大きな変更がありました。

もし、2012年7月以降、アナタのウェブサイトが
検索結果で上位に表示されなくなり、
検索エンジン経由でのアクセス数が減ったのであれば
Googleのパンダアップデートの
影響を受けている可能性が高いです。

そんな場合は、Googleのパンダアップデートの
変更に対応したウェブサイトに変更して
対応してくださいね。

ブログでの反応率を今すぐ簡単に高める方法前のページ

SEO、パンダアップデート対策のためのコンテンツ重視策とは?次のページ

関連記事

  1. アクセスアップ

    検索エンジンにまったく影響を受けないアンチSEOアクセスアップ戦略

    多くの人が、アクセスアップというと、SEOに頼った方法だけしかやっ…

  2. アクセスアップ

    アメブロとmixiの関係

    え?今頃?というタイミングですが、昨日からアメブロで実験を開始…

  3. SEO

    アクセスアップのテクニック:SEOにおける被リンク

    アクセスアップのテクニックには、いろいろな方法があります。そのなか…

  4. アクセスアップ

    WordPressで関連記事を表示させる方法プラグイン解説

    WordPressに限らず、ある程度ブログを更新していると関連記事…

  5. アクセスアップ

    WordPressブログにfacebook、mixi、twitterのボタンを追加するプラグイン

    ブログのアクセスアップのためにも、facebookのいいねボタンや…

  6. アクセスアップ

    アンチSEO:twitter/ツイッターの思い込み

    ブログのアクセスアップを考えるとSEOが一般的です。しかし…

最近の記事

PAGE TOP