ブログアーカイブ: 2009年06月

ブログネタ探しに役立つマル秘サイト

ブログBlogで記事を充実しようと思うと、
必ず、書くネタがない!という状況に陥ります。

そんな時、ブログネタ探しに
役立つマル秘サイトを紹介します。

というのも、ブログの最初の内は、
ブログに書きたいネタが沢山あるので、
ドンドン書いていけます。

しかし、ある程度自分が書きたいネタについて書きつくすと、
ブログに書くネタがない、という状況になってきます。

そして、ブログに書くネタがなくなってくると、
ブログを更新するのが辛くなってきます。

そうすると、よりいっそう更新するのが辛くなり、
最終的にはほったらかして、
放置することになります。

そうならないように、ブログマスターが実際使っている
ブログネタ探しに
役立つマル秘サイトを紹介します。

■QAコミュニティサイトでネタを探す

はてな
OKWave
教えて!goo
Yahoo知恵蔵

QAコミュニティサイトとは、教えてgoo!に代表されるような、
誰かが質問した内容に対して、参加者が回答してくれるサイトです。

このなかで、自分のブログに関係あるトピックスで
どのような質問がされているのかを探すと、
それをブログネタに記事が書けます。

このようなサイトを見ると、自分が想像するよりも、
確実に誰かが困って質問している具体的な内容が
わかります。

・どんな内容の質問が多いのか?
・質問する人はなにを知っていて、なにを知らないのか?
・質問する人はどんな点で困っているのか?

このような情報を参考に、
困っている人を役立つ情報を
アナタのブログに書く。

これでアナタがブログの記事にする
ネタに枯渇することはなくなりますね。

2009年06月17日 | 固有リンク |

アクセスアップ:より多くのページへアクセスしてもらう方法

アクセスアップするには、2つの方法しかありません。

今回はそのうちの1つである、
より多くのページへアクセスしてもらう方法を解説します。

 

▲その前に

アクセスアップのための2つの方法とは?
というアナタはコチラをご覧ください。
アクセスアップは2つの方法しかありません

 

より多くのページにアクセスしてもらう方法ですが、
考え方は簡単です。

あるページにアクセスしてきた人に対して、
別のページにもアクセスしてもうらような
仕掛けをすればいいのです。

具体的には?

ブログの記事を書くときに、過去のアナタのブログの
関連する記事を紹介すればいいのです。

この記事でもやっていますよね。

▲その前に、というところで、
この記事の前提知識となる過去の記事を紹介しています。

▼では次に、というところで、
この記事を読んだ後にさらに参考となる過去の記事を紹介しています。

しかし、このように新しい記事を書く度に、
その記事に関連する記事を探してきて、
リンクを張って、というのは正直面倒です。

自動的に記事の終わりに、
その記事に関連する過去の記事一覧が
表示されたら便利だと思いませんか?

実は、簡単にできるのです。

特に、WordPressを利用している場合は、
プラグインを用意されているので、5分で設定できると思いますよ。

 

▼では次に

このブログで実際に利用しているプラグインについて解説します。
WordPressで関連記事を表示させる方法プラグイン解説

2009年06月11日 | 固有リンク |

WordPressで関連記事を表示させる方法プラグイン解説

WordPressに限らず、ある程度ブログを更新していると
関連記事を表示させたくなります。

というのも、過去記事がたまってくると、
新しい記事を書いた時に、
過去の関連記事も参考に表示させたいからです。

今回は、WordPressで関連記事を表示させる方法、
しかもなるべく簡単に表示させる方法として
プラグインを利用した方法を解説します。

 

▲その前に

実は、アクセスアップの方法は2つしかありません。
そして、関連記事の表示はアクセスアップに非常に重要です、
ということが初耳のアナタはコチラをまずごらんください。
アクセスアップ:より多くのページへアクセスしてもらう方法

 

では、このブログでも利用している、
WordPressで関連記事を表示させる方法プラグインを
解説しますね。

■WordPressで関連記事を表示させるプラグイン

Post-Plugin Library

Similar Posts

この2つをインストールした後に、関連記事を表示させたい部分に

<?php similar_posts(); ?>

というタグを挿入すればOKです。

このプラグインがオススメな理由は、
記事のなかのキーワードから関連度合いを計算して、
関連記事として表示させることにあります。

というのも、wordpressで関連記事を表示させるプラグインとして有名な

Simple Tags

などは、各記事につけたタグから関連度合いを計算して、
関連記事を表示させるため、関連付けるために
注意してタグを付ける必要があります。

一方、このプラグインはそういったことに注意しなくても
記事のキーワードから関連度合いを計算してくれるので、
非常に便利です。

このプラグインは、細かく設定が可能ですが、
参考までに私の設定を記載します。

[General Settings]

Match the current post’s category? 「NO」を選択

Match the current post’s tags? 「NO」を選択

というのも、このプラグインの特徴である、
タグやカテゴリの関連度合いではなく、
各記事のキーワードによって関連度合いを計算して欲しいからです。

[Manage Index]

Handle extended characters? 「YES」を選択

Treat as Chinese, Korean, or Japanese? 「YES」を選択

日本語のブログならば、これは必須です。

それでは、アナタもこのプラグインを利用して、
WordPressで簡単に関連記事を表示させてくださいね。

2009年06月11日 | 固有リンク |

アクセスアップは2つの方法しかありません

ブログを運営していると気になるのが、
アクセスアップです。

世の中には、アクセスアップの方法が
非常に多く解説されていますが、
ブログのアクセスアップの方法は、
実は2つしかありません。

細かいテクニックを解説しようと思えば、
いくらでもありませすが、究極的には
次の2つの方法に集約されます。

では、その方法とは?

■1.より多くの人にアクセスしてもらう

■2.より多くのページにアクセスしてもらう

それぞれ解説します。

1.より多くの人にアクセスしてもらう

は、わかりやすいですよね。

もし、アナタのブログが
1日100人にアクセスされているとしたら、
1日200人にアクセスしてもらうようにする。

アクセス数は2倍となりますね。

これが、より多くの人にアクセスしてもらう方法です。

続いては

2.より多くのページにアクセスしてもらう

これは、アクセスしてもらったら、
アクセスされたページ以外に、
別のページにもアクセスしてもらう方法です。

例えば、今アナタのブログが
1日100人、1人あたり1ページのアクセスだとすると

100人 × 1ページ = 100アクセス

となります。

そこで、より多くの人にアクセスしてもらう方法だけを頑張って、
5倍の人、つまり、1日500人の人にアクセスしてもらえるようになったとします。
しかし、1人あたり1ページのアクセスが変わらないとすると

500人 × 1ページ = 500アクセス

となります。

一方、より多くの人にアクセスしてもらう方法はあまり頑張らずに、
3倍の人、つまり、1日300人にしか増えなかったとします。
しかし、その分、1人あたりアクセスするページを3倍にして、
3ページにアクセスしてもらえるように工夫したとすると、

300人 × 3ページ = 900アクセス

となります。

500アクセスと900アクセス。
ずいぶん違ってきますよね。

つまりアクセス数とは、

1日アクセスする人数 × 1人がアクセスするペース数 = 1日のアクセス数

という掛け算なのです。

どちらか一方だけ5倍頑張るのでなく、
両方増やすことように3倍努力することによって、
結果には飛躍的な差が付きます。

アナタも、1日アクセスする人数と、
1人がアクセスするペース数、両方増やすことによって、
飛躍的に1日のアクセス数を増やしてくださいね。

 

▼では次に

1人がアクセスするペース数を増やす方法を解説します。
アクセスアップ:より多くのページへアクセスしてもらう方法

2009年06月06日 | 固有リンク |

 

 

殿堂入りメルマガ!ネットビジネス即効薬

インターネットでアナタのビジネスに、人生に、もっとチカラを!インターネットでビジネスを拡大したいけどイマイチ、なにかはじめたいけどなにもできていない人必読!ホームページ、ブログ、メルマガはもちろんツイッター、facebook、YouTube、Ustreamの活用方法に関してスグに結果が出る即効薬をアナタだけに処方いたします。

お問い合わせはこちらから
03-6271-5782 にお電話いただくか
info@orifay.com もしくは
お問い合わせフォーム からご連絡ください